“Once an Engineer, Always an Engineer”

「一度でもエンジニアを経験すれば、ずっとエンジニアですよ」っていう意味なんですが、あなたはどうですか?

今の時代は、色々な役割を持ちながら、一つ一つこなしていく事が求められている時代です。これだけやっていればいいということもありません。

特に、IoTなどの機器開発を行うと、組み込みシステムだけではなく、その上位につながるサービスも理解する必要があります。その途中の経路でさえ、データ変換の言語は何で開発するとか、いくらでも課題が出てきてしまうのが現状です。

でも心配する必要はありません。時間はかかりますが、一つ一つ対応していかなければいけません。

難しいことかもしれませんが、まだ自分でも気がついていない可能性に触れることもできるかもしれません。

挑戦していきましょう。ゆっくりでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です