効率の良い分散システムを構築しよう

分散型のシステムは、IoTエッジシステムには欠かせない考え方になっている。特に、様々なセンサーを用いて、そのデータを集約するという考え方は、従来から存在する。

そのようなシステムを考える場合、同じベンダーのデバイスを使うと、開発環境を用意する上で、とても効率がいい。

あえて、センサー制御用とデータ収集用を異なるベンダーにする必要はないと思う。

同じベンダーを使うメリットは、センサー制御側とデータ収集用のマイコンとはSPIやUARTなどシリアルで接続する場合が考えられます。そんな時に、マイコンに含まれる周辺機能が同じであれば、プログラムのコーディングも最小限で済むと思うのです。あえて、異なるベンダーのデバイス同士を繋ぐ必要がないと思います。

お客様の指定もあるかもしれませんが、通すところは通して、積極的な組み込みシステム開発を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です